受かるためにも注意する | どれだけ借金があっても、風俗求人ひとつで解決はできる!
menu

受かるためにも注意する

緑の服を着ている女性

風俗こそあなたにとって多くの収入を稼げる場所だと断言できます。
ただし、入店するためには面接を乗り越えなければいけません。
風俗店の面接といったらなんとなく誰でも簡単に採用されそうなイメージがあるかもしれませんが、意外とそんなことはないといっておきます。
つまり場合によってはサクッと落とされてしまう可能性があるので注意しなければいけません。

では風俗の面接を受ける際に、どんなことを注意するべきなのか?
まずあなたに認識しておいてほしいのは、風俗嬢の仕事は接客業であることです。
そこさえちゃんとわかっていれば、おのずと気をつけるべきことがわかると思います。

例えば、身だしなみには十分注意してください。
だからちゃんと髪型や服装、化粧といったものは完璧にしておく必要があります。
面接時にスウェット姿で来るようなバカな真似はやめましょう。
なおだからといってスーツをきちっと着こなす必要はありません。
風俗店の場合はオシャレでかつ清潔感のある私服を選んでおけば大丈夫です。

そして接客業をするわけなので、喋り方についても必ず面接官にチェックされてしまいます。
だから喋り方で失敗しないように、きちんと正しい日本語で敬語が使えるようになっておきましょう。
面接官に対して失礼な喋り方をすれば、それだけで落とされてしまう可能性は十分ありえます。

あとは、体に傷やタトゥーがあるのかどうかといったことを質問される場合があります。
お店によっては直接目視確認されることもあるので、万が一ある場合はここで落とされる可能性があります。
ただし目立たないようであれば無視されることもあるので、とりあえず面接を受けてみてください。